ディアレストガーデン東立石 ご主人(40代)会社員、奥さま(30代)、息子さん(5歳)、娘さん(7か月)

直感で選んだ家。でも、どこと比べてもこの家が一番。
無駄のない生活動線、考えられたデザイン、最初からフル装備の設備…
探していた「理想の家」を見つけました!

入居されてから家族が増えたT様ご夫妻。
迷いながらもご購入を決断されたT様に、ご購入の動機や、決め手となったポイントについて伺いました。

ご購入のきっかけは何だったのでしょうか?
もともと一戸建ての社宅に住んでいました。以前はマンションにも住んでいたのですが、きれいにリフォームされた一戸建てはマンションより住み心地も良く快適でした。

とはいえ、子供が大きくなってきて「そろそろ自分たちの家がほしいね。一戸建てがいいかな」という話が出て、建売住宅のチラシとかを見るようになりました。

この家はたまたま近所で、販売価格も含めて興味を持ったので見に行ったのですが、行ってみたら、「理想の家」というか、私たちの考えていたものに近い家がありました。
会社の家賃補助があと数年もらえることもあり、一度は購入そのものをやめようと悩んだのですが、この物件を逃すと後がない気がして、今のタイミングで購入することに決めました。
ご購入の決め手、特に気に入られた部分は何でしたか?

建売住宅だと似たような間取りが多い中で、工夫されているなぁと感じます。

家探しでいくつか回った物件では、お風呂が
1階、キッチンが2階と分かれているところが多かったのですが、この家は同じフロアに水回りが集中しているところが気に入っています。

建売住宅だと似たような間取りが多い中で、工夫されているなぁと感じます。
主な生活スペースである、LDKのある2階に浴室や洗面所が集中しているので、動きに無駄がなく、何をしていても子供の様子がわかるようになっていて、「子育て中の忙しい生活で、ここは譲れないな」と思いました。食器棚や食洗機、細かいところでは網戸など標準設備が充実していることもよかったですね。
外周に防犯用の砂利が敷いてあることや、植栽が整えられていることも他ではありませんでした。

普通は何かとオプション扱いになることが多いようですが、この家は、価格に差がないのに、ほとんどが最初からついている、標準装備というのが嬉しかったです。

あとは…建物の外観や内装も気に入りました。
外壁のタイルの色使いは他には無いものでしたし、壁紙も白一色ではなく、アクセントに鮮やかなブルーの壁紙が使ってあって、そこを妻はとても気に入ったようでした。
洗面所の水栓が洒落ているとか、部品ひとつまでこだわり、センスが感じられましたね。
この敷地の広さでは、駐車場の無いプランもあるなか、駐車場付きは嬉しいですね。

この家を見た後も、他をいろいろ見て回りましたが、どこと比べてもやっぱりこの家が一番、と思えました。
決定までの過程、説明や質問に対する回答、やりとり等についてはいかがでしたか?
家を見せてもらうとき、しつこく営業されるのではないかと、慣れないこちらからすれば少し警戒するものですが、こちらの担当さんは物腰も柔らかく、とても丁寧に接してもらい、夫婦二人とも非常に良い印象を持ちました。

建物の構造や地盤のことなど、具体的に詳しく説明してもらえたので安心したのですが、聞けば、一級建築士だとか。
一級建築士が販売? なんとなく疑問でしたが、こちらの会社では建築に直接関わった人が販売時の説明をする、というのが方針と聞き、納得しました。
どうりで曖昧な部分が無く、営業というより説明、コンサルタントのような印象を持ったわけです。そう感じてからは、会って話をするのがまったく苦ではなくなり、いつのまにか警戒心もなくなりました。
決断に至るまでかなり時間がかかったのですが、急かすことなく「じっくり検討して下さい」と言ってもらい、納得がいくまで検討することができてよかったです。
購入を決めてからも、ローンの手続きやエアコンの設置方法など、専門的な立場からいろいろアドバイスしてもらい助かりました。
新居で一番のお気に入りはどこですか?
家にいるときは、ほとんどリビングにいますね。
開口部が広いので日当たりや風通しがよく、とても明るいです。
窓の位置も考えられていて、裏の建物や、外からの視線も気になりません。居心地がいいので、家族みんながリビングにいます。

あと、お風呂も広々していて快適ですね。
浴槽はもちろんですが、洗い場スペースにも余裕があるので、子供二人と一緒に入っても、ゆったりくつろげ、つい長湯をしてしまいそうになります。

1階の部屋は、まだ荷物が手つかずのまま置いてある状態なので、これから二人で整えていくつもりです。
妻は、雑誌やテレビで紹介しているような、洒落たインテリアで「大人だけのくつろぎ部屋」にしたいと張り切っています。
この家に来てから、息子がとにかく友達を呼びたがるようになりました。
子供ながらに、自慢の家なんでしょうね。
オープンキッチンからリビング、ダイニングを見渡せるので、安心して子供たちを遊ばせながら、親同士もお茶など楽しんでいます。
購入を検討されている方に一言

「家との出会いを大切に」

まずは、いろいろな物件を見てみることです。こだわりを完全に満たす家は、まぁないんでしょうが、だからこそ、理想に「近い」物件に出会ったときは、それを大事にしたほうがいいですね。
他を見ても、結局、最初に自分が「いい!」と思った家が気になるものです。
直感を信じるのもアリですね。よく「家は出会いのもの」と言われますが、私たちの場合はまさにその通りでした。
見た瞬間に「ここならいいね」と二人の意見が一致。どちらかといえば妻が大乗り気で、自分もそれに賛同した形ですが、 家はそれでいいと思います。

自分たちの場合、注文住宅は性格的に合わない気がしたし、やっても他と比べてかえって後悔しそうで…。
直感で選んだ家ですが、実際に住んでみて、失敗したと思ったことは一度もありません。
取材後記

取材当日はまさかの大雪。
大きく育ったトネリコの木にも雪がたっぷり積もっていました。

新しい家族も増えて、一段とにぎやかになったT様ご一家の、ますますのご発展をお祈りしています。
これからもご家族で新居での生活を楽しんでください!