不動産に関わる税金 印紙税

土地や建物を売買するときに取り交わす売買契約書には印紙を貼付した上で消印をします。これが印紙税の納付となります。 また、売主と買主がそれぞれ契約書を保管する為に2通の契約書を作成した場合には、それぞれに印紙を貼付し、消印をしなければなりません。


固定資産税・都市計画税

固定資産税・都市計画税は、毎年1月1日に土地や建物などの不動産を所有している人が納税しなければなりません。 年度中に不動産売買を行った場合には年額を日割りにし、税金を売主と買主とで清算するのが通例です。

不動産取得税

土地やマンション戸建住宅等の不動産を購入した場合にかかる税金です。 不動産取得税は購入した場合だけでなく、住宅を増改築した場合や不動産の贈与を受けた場合にも支払わなくてはいけません。但し、住宅に関しては各種控除があります。


登録免許税

不動産(土地・建物)を購入する場合には移転登記を行います。 不動産取得に際し、金融機関等から借入をした場合、抵当権設定登記を行います。これらの登記を行う際には登録免許税がかかります。